生活の様子
成人式

2020.1.13

こんばんは。

セカンドスクール

サポーターの西沢です。

今日は令和初の『成人の日』

122万人の新成人が新たな門出を迎えました。

おめでとうございます。

セカンドスクールでもポパイが良き成人の日を迎えました。

無事に成人を迎えて新たな自覚や責任が芽生えたことでしょう。

式典への参列を控え、素敵な振袖に身を包む為にまだ暗い早朝から美容室にて着付けを行いました。

少し緊張した様子でしたが、一生に一度の晴れの日。

どんな素敵な女性になるか楽しみですね。

数時間後、代々伝わってきた艶やかな振袖を身に纏ったポパイはどこかあどけなさのあった10代の表情ではなく、凛々しい大人の表情に変わっていました。

ポパイの地元では昔から成人式の着付けをしていただいた方に保護者様より預かった御礼の品をお渡しする習わしがあります。

今日から大人の仲間入りのポパイはしっかりと感謝の気持ちと合わせてお渡しすることができました。

スクールに戻り、リビングの扉を開けると在校生からの祝福の言葉と拍手で溢れていました。

みんなが知っている昨日までのポパイから立派な大人の女性として身も心も変わったポパイに、みんなも変化を感じ取った様です。

ポパイもこれからの活動の場では今までと変わった意識と気持ちで活動することができるでしょう。

幼い頃から家族からのたくさんの愛情に支えられ、ここまで育ててくれ、無事に成人式を迎えられたことは感謝してもしきれないことでしょう。

これからは1人前の大人として自立していかなければならないという想い。

社会人として心機一転がんばるという新たな気持ち。

新たな目標を持ち1歩1歩自分のペースで目標に近づいてください。

想うことはたくさんあると思いますが、豊かで幸せな人生が送れます様、スタッフ一同、心よりお祈り致します。

一方、スクールではレヴォが農作業デビューをしました。

今まで本格的な農作業の経験はないとのことでしたが、周りのみんなに負けず劣らずがんばっていました。

作業中での仲間との会話のコミュニケーションで話は弾み距離はどんどん近くなりますね。

真面目な性格のレヴォは真剣に作業に打ち込むことができていました。

これから畑やビニールハウスで、種蒔き・苗つけ・手入れ・収穫など様々な経験ができることでしょう。

その1つ1つに携わることで、それぞれ感じることや新しい発見が待っていますね。

体力や集中力、持続力などたくさんの力を得られることでしょう。

焦らず自分のペースで少しずつ身につけていってください。

ビニールハウス内ではトライとミッキーが苺の苗に水を撒いていました。

先日の苗付けをさせていただいた時と比べて、みんなと一緒で少しずつ成長しています。

たっぷりの愛情を注ぐことでどんどん大きくなりますね。

近々、花も咲かせることでしょう。

成長を間近で観察できることも農作業の醍醐味の1つです。

甘く大きな苺が実る様、丁寧に育てていきましょうね。

またココ・マリン・マーシー・レモは施設の方と共に苺の苗にマルチシートを貼っていました。

寒さ対策の1つですが、しっかりと伸ばして貼る為にも声を掛け合いながら作業を進めていました。

いつも協調性を持って作業に打ち込んでいるのでスムーズに進めることができました。

新年始まり半月が過ぎようとしていますが、まだまだ新しい発見と新たな経験が待っています。

どんなことでもやりがいを持ち、全力で打ち込める様にがんばっていきましょう。