生活の様子
Hau’oli Makahiki Hou

2020.1.1

あけましておめでとうございます。

セカンドスクール

サポーターの西沢です。

皆様、新年をどの様に迎えられたでしょうか?

今年も皆様にとって、より良い年でありますよう、祈念致します。

『Hau’oli Makahiki Hou』

こちらはハワイ語で

明けましておめでとうございます

という意味です。

お世話になっているHIRO先生より豆知識として教えていただいたきました。

今年も生徒達の純粋な心にはハワイアンスピリッツが宿ることでしょう。

日々の子供達の生活や成長の過程をブログを通じてお伝えして行けたらと思います。

本年もよろしくお願い致します。

『一年の計は元旦にあり』

お昼前に近くにある神社へ初詣に行き、生徒それぞれ今年のお願い事をしました。

新しい年を迎え、新たな気持ちでスタートを切りました。

無事に目標を達成するまでの過程でどのようなドラマがあるのでしょう?

焦らず自分のペースで前に進んでいってもらえればと思います。

今日の昼食は正月には欠かせない『おせち料理』をいただきました。

料理の腕を振舞ってくれたのは調理スタッフのムラカミさんです。

和食のスペシャリストであるムラカミさんの料理は生徒達から大変好評で、日本料理で培った上品で繊細な味付けは、どこか懐かしさを感じる心に染みる味です。

もちろん和食以外の料理も絶品で、生徒達のスクールライフでの楽しみの1つでもあります。

日本の伝統料理に舌鼓しながら正月を堪能しました。

おせち料理が大好きなアイスはとても嬉しそうでした。

優しい味の料理にご満悦でした。

音楽が大好きな生徒達の為に先日、音楽室を用意しました。

ウクレレを通じて心が豊かになった生徒達の向上心は止まる事を知りません。

ブライツはキーボードで素敵な音色を奏でていました。

ドラムを叩くことが大好きなプクトもオリジナルのビートを刻んでいました。

夢中になれることと隣り合わせの生活は自身の心の支えにもなりますね。

ドラム経験者のゴマもとても嬉しそうでした。

忘れかけていたあの頃のことを想い出した様で、真剣な表情でリズムをとっていました。

昨日、『パー缶ション』でオリジナルのビートを刻んでいたミントも今日はドラムデビューしました。

どんなことでもやってみたい!という向上心は自身の成長に繋がりますね。

慣れないながらも楽しんでドラムを叩いていました。

私も以前ドラムを嗜んでいた時期があり、生徒達の夢中になって取り組む姿を見て、込み上げてくるアツい想いがありました。

生徒達と練習を重ね、共に学び共に成長できればと思います。

音楽を『奏でる喜び』から『接する喜び』への気持ちの移り変わりは自分達にどんな変化を与えてくれるでしょう?

今年は日々の生活をより充実できる様、部活動の創設を予定しています。

文化部も運動部の活動も、きっと生徒達の成長に欠かせない存在となることでしょう。

新しい年を迎え、澄んだ青空と新しい景色が広がっていました。

今年もまた素敵な想い出の数々が生まれるでしょう。

今日の一歩は明日へと続きます。

学業復帰・社会復帰、目標は違えど仲間と共に歩んでいきましょう。