生活の様子
書道を通じての集中力

2022.4.8

今日も朝からポカポカと暖かくなりました。

春の陽気に自然と嬉しくなりますね。

週末も天気が良く、気温もあがるようなので洗濯物の乾き具合の心配もいりませんね。

 

 

金曜日の午後は書道を実施しました。

日課であるボールペン習字を行っている生徒達。

日頃から文字を綺麗に書く意識を持っています。

文字が綺麗に書けるようになることでメリットになることはあってもデメリットになることはありませんね。

文字を書く際に集中することで、綺麗に文字を書くことができます。

書いた分だけ上達する書道に生徒達はやりがいを感じています。

少しずつの積み重ねが目に見えてわかる、とても良い機会になっています。

 

 

納得いく仕上がりにならなかったとしても、どこがいけなかったのか振り返りをすることで、より綺麗な文字を書けるようになりますね。

力強い文字や繊細な文字。

「書は人なり」という言葉通り、筆跡には書き手の心理状態や性格が表れます。

書道が苦手と感じている生徒もいましたが、書道を通じて集中力が育まれ、文字も以前よりうまく書けるようになったという声があがっています。

改めて集中力の大切さを知ることができますね。

今回も素敵な作品がたくさん出来上がりました。

次回の書道ではどれくらい上手に書けるようになるか楽しみですね。

 

【本日のトピックス】

セカンドスクールの生徒達が寮生活の中で、やりがいを感じている当番の役割。

当番を通じて、様々なことを学び、身に付けています。

当番をこなしたことで自身の成長に結びつけている生徒がたくさんいます。

メンバーは定期的に入れ替えていますが、先日も4月になったことで新たな役割当番を編成しました。

 

 

初めての役割に不安もありますが、先輩の仲間が優しく丁寧に教えてくれるので安心です。

時間管理や協調性、責任感など卒業後も活かすことができますね。

今回の当番編成では誰がどんなことを学び、身に付けるのか楽しみです。

生徒達の成長は我々スタッフの活力となります。

これからも共に学び、共に成長していきます。

週末はどんな楽しみが待っているかな?

ぐっすり休んで

明日も元気に頑張ろう!