生活の様子
安心感

2020.6.23

今日は雨が降っては止んでの繰り返しで1日中落ち着かない天気でした。

しばらくは梅雨らしい天気が続きそうなので晴れ間が待ち遠しいですね。

 

セカンドスクールでは入寮した生徒が集団生活を始める際に合流面談を行っています。

新しい環境で新しい生活を始める前にしっかりと意思確認し、次のステップへと進みます。

 

 

入寮プログラムを通じて自分と向き合い、新たなスタートを切ります。

合流の際、緊張してしまうこともあるかもしれません。

しかし、優しい生徒がたくさんあるので安心です。

「自分も合流したては不安で心細かった…でも優しい仲間がフォローしてくれたからがんばることができた!」

「今度は自分がフォローする番だ!」

自分が安心できた様に、安心させてあげたいという思いやりの気持ちを大事にしています。

 

 

就寝前のひと時はコミュニケーションも捗ります。

一緒に生活する生徒の年齢は様々ですが、すぐに打ち解けて仲良くなります。

1人の方が気楽で良かった…

そう思ったこともあったかもしれません。

しかし合流後の集団生活は自然と楽しい会話や笑顔で溢れます。

人と関わることの大切さも学んでいきます。

 

寮生活の上で初めて経験することや規則など、わからないことはスタッフがわかりやすく教えてくれます。

今朝も洗濯物の干し方をスタッフが丁寧に教えている姿がありました。

効率よく乾かす為のアドバイスなども合わせて教えます。

微笑ましく、あたたかい風景。

 

 

今まで家で洗濯したことはあったでしょうか?

「洗濯って難しいですね」

初めてのことは不安でも、しっかりと学ぶこと。

これも1つの成長です。

様々な経験を積み、1つ1つをモノにし豊かな将来に繋げましょう!

 

 

みんなと食べる食事も楽しみの1つです。

セカンドスクールでは1日3食、スタッフを交えての食事をしています。

生徒達から様々な話題があがる様になり、今ではとても豊かな食卓が囲めています。

そこにあるのは団欒風景。

美味しい料理と楽しい会話で食卓には華が咲きますね。

 

【本日のトピックス】

『希望のトンネル』の燕の雛達もスクスク育ち毎日の観察は生徒達の楽しみになっています。

数日のうちに親鳥と変わらないくらいの大きさまで成長しました。

雛の成長っぷりには驚かされます。

 

 

しかしまだまだ甘えん坊な様で、親鳥が餌を届けるとピーピーとおねだりの鳴き声が響きます。

たくさんの愛情を間近で見るいい機会になっています。

生徒達も親から注いでもらっている愛情は寮生活を過ごす励みになっていることでしょう!