除雪作業

2018.1.24

今日も朝からとてもいい天気でした。

しかし、冷え込みの気温がとても低く

なんと-7℃。

吐く息も白く、身に染みる寒さでした。

昨日溶けた雪が凍り、路面はツルツル。

凍った路面はとても危険です。

陽が出ているうちに何とかしないとですね。

学業復帰組は午前中は学習プログラム。

成人組は付近の凍った路面の除去作業をしました。

近隣住民の方々が転倒してケガをしたら大変ですからね。

マナは雪の部分をシャベルですくい

ショーは頑丈なシャベルでアイスバーンになってしまった路面の氷を

砕いていきます。

昼食を終え、学業復帰組も合流してのボランティア活動再開です。

道路を見てみると、歩道が雪で完全に埋もれてしまっています。

自転車の人は比較的溶けている反対側の

歩道を使っています。

車道にもまだ雪が残っているので横断するにも気をつけないとです。

よし!

午後は範囲を広げて歩道の雪かきをしましょう!

早速、トシとコーが我先にへと、どんどん除雪していきます。

しばらくみんなで交代で作業していると

近所の方も除雪をしていたので

手伝いに行きました。

快い返事で、一層やる気が出てきました。

自分の為ではなく、誰かの為の作業。

ボランティアをする楽しみが1つ増えました。

お話を伺っていると、女性のお子さんが

インフルエンザで病院に行きたいのに

裏の道が凍ってしまい車を出せないとのこと。

急いで氷を取り除かないとですね。

日陰での凍った路面には、てこずりましたが

数時間後、なんとか車が通れるようになり

無事、病院へと向かうことができたみたいでよかったです。

車が通る時に何度もおじきをしていただき

とても嬉しい気持ちになりました。

みんな達成感を感じながら清々しい気持ちになることができました。

歩道の除雪作業も無事終えることができ

とても有意義な時間を過ごすことができました。

活動を終えスクールに戻ろうとしたら

雲の隙間から差す夕陽の明かりが

雪原の白さでより際立ち

素敵な景色を見ることができました。

がんばったみんなに

『お疲れさま!』

と言ってくれているようでした。

明日も天気がいいみたいなので

キレイな夕日を拝むことができそうです。

まだまだ雪が残っている箇所があり

除雪をする必要もありそうですが

ぐっすり休んで、体力を回復して

明日も元気にがんばろう!

今日はとても嬉しいできごとがありました。

セカスクにまた1人可愛らしい生徒さんが仲間入り♪

明日から一段と楽しくなりますね!