軽作業プログラム
丁寧な作業

2020.6.25

今日も雨が降ったり止んだりと落ち着かない天気になりました。

分厚い雲に覆われた日が続くと眩しい陽射しが恋しくなりますね。

 

午前中の運動プログラムは屋外と室内で前半と後半に分けて体を動かしました。

トレーニングメニューも変わってくるので生徒達はメリハリをつけて運動することができます。

 

 

屋外では主に足をメインに鍛える運動。

時間走や輪になっての筋力トレーニングは場所を広々と使ってのトレーニングをしました。

もちろん無理せず自分の体力にあった運動をしますが仲間ががんばっているから自分ももう少しがんばってみようと意欲を持つこともできます。

 

 

ペアになっての運動ではお互い励まし合い、身体を動かします。

応援の言葉に自然とやる気も出てきますね。

仲間がいるからこそ発揮できる能力もあります。

 

 

モンブランとプアンも目標の回数をこなせたことで達成感を得ることができたと話していました。

記録を更新できる楽しさも味わうことができますね。

 

 

午後からは木工作業・軽作業・ボランティア活動に分かれて活動しました。

木工作業では前回の続きで板をヤスリがけし、整えていきました。

 

 

できあがりをキレイにする為の大切な作業です。

削りすぎない様に気を付けながら作業を進めていきました。

根気のいる作業でも気を抜かず集中して、仲間同士協力し合いながら進めました。

ゴマは木材が動かない様にしっかりと固定してくれていましたが、腕が疲れてきたブライツを思いやり、途中で交代する気遣いをしていました。

助け合い・思いやりの精神は様々な場面で発揮されます。

 

 

みんなが丁寧に削ってくれた木材はピッタリと合いました。

丁寧な作業をして良かったと思える瞬間ですね。

 

 

その後は木材の耐久性を上げる為にバーナーで焼き入れをしていきました。

木工作業ではお馴染みの作業ですが、初心に返り「どんな時でも安全第一の作業」を徹底しました。

作業中はスタッフが必ず立ち会い安全を確認しながら進めるので生徒達も安心して作業をすることができていました。

 

 

一方、老人ホームでのボランティア活動では除草作業を行いました。

利用者さんの為にできることは率先して取り組みます。

 

 

1人では大変な作業でも仲間と一緒に取り組み、手を動かしながら楽しい会話も合わさり作業はどんどん捗ります。

 

 

生い茂っている草木の除草はやりがいがありますね。

どうせうやるなら徹底的にキレイにしたいとチビ・アイス・シロはいつも以上に意気込んで取り組んでいました。

更地にするにはまだまだ時間がかかりそうですが、やり遂げた時は掛け替えのない達成感を味わうことができるでしょう。

最後までがんばっていきましょうね!

 

【本日のトピックス】

セカンドスクールの入寮期間中に資格を取得した生徒がたくさんいます。

生徒達の資格取得がプラスに向き「自分も資格を取りたい!」と意気込む生徒も数多くいます。

リムルもその1人。

 

 

夜のフリータイムを使って資格勉強に励んでいました。

試験当日まで後数日。

最後の仕上げをしていました。

悔いは残したくないと取り組む姿に本番では全力で挑むことができることでしょう!

資格取得をスタッフ一同、心より応援しています。