生活の様子
仲間との取り組み

2020.5.7

昨日の不安定な天気から一転。

今日は快晴で気持ちのいい1日となりました。

窓から暖かな陽射しが差し込むリビングでは午後のプログラムでウクレレの練習をしました。

 

 

みんなが楽しみにしているイベントであるウクレレ演奏会に向けての練習。

回を重ねる毎にみんなの出来もよくなっています。

成功させたいという気持ちはもちろん、ウクレレ演奏を楽しむことが大切ですね。

 

 

個人練習の時間、ラムとブロリーも集中して練習に参加していました。

今日はなるべく楽譜を見ないで弾ける様になることを目標にした様です。

どんなことでも目標を持つことで取り組み方は変わり、結果も変わってきます。

達成できた喜び・達成できなかったことの振り返り。

どちらも次に繋がります。

 

 

 

ピポも手探りで始めたウクレレもだいぶ慣れてきています。

仲間に教えてもらったコード進行もスムーズになり、仲間と音楽を奏でることが最近の楽しみだと話していました。

経験が少ないからできないとは思わず、練習して身につけよう!

意欲的な姿勢も仲間の心を動かしています。

 

 

嫌々ではなく「もっと上達したい」「仲間に合わせなくちゃ」

毎回それぞれ思うことは別ですが、真剣に取り組んだことで「やってよかった!」と思えます。

その積み重ねが最高のステージ披露に繋がります。

 

 

仲間のやる気が自身のやる気となることも多々あります。

夕食後、学習室ではレヴォ・ピポ・ポムが自習をしていました。

1人では気が乗らなくても仲間がいることで取り組みやすくなります。

 

 

明日の学習プログラムに向けての予習。

今のうちにやっておこう!

事前の準備は時間の有効活用に繋がります。

また、後回しにしないことも大事ですね。

余裕を持つことの大切さを知っている証拠です。

明日の学習プログラムは有意義な時間となることでしょう。

 

 

【本日のクローズアップ】

セカンドスクールには遠方より入寮している生徒がたくさんいます。

アイスもその1人です。

今までと違う環境でやりがいを持ち生活することで自身と向き合うことができています。

 

 

手先が器用で細かい作業が得意なアイス。

軽作業では特にこだわりを持って取り組んでいます。

どんなことにでも夢中になれることも本人の成長の推進力になっています。

 

 

物事を中途半端で終わらせるのではなく、とことん取り組む探究心は長所の1つです。

「やり遂げる!」という心掛けで仲間からの信頼も得ています。

どんなことでもやってみたいという前向きな姿勢でたくさんの経験を積み、充実した生活を過ごしています。

 

 

引きこもっていた頃は大勢の前でウクレレを披露するなんて考えもしなかったことでしょう。

しかし、『楽しさ』に気づいたことで持ち前の探究心からウクレレの腕はメキメキと上達しています。

もっとたくさんの曲を弾いてみたいと嬉しそうに話していました。

 

 

目の前の壁に立ち止まってしまったこともありました。

しかし、これでは前と変わらない、、、

今、自分がすべきことに気付き壁を越えた時、しっかりと未来への道が見えました。

着実に1歩ずつ踏み締めて、どこまでも進んでいきましょう!