生活の様子
桜の便り

2020.3.6

こんばんは。

セカンドスクール

サポーターの西沢です。

昨日は風が強い1日でしたが、今日は風も収まり冬の陽射しが心地よい1日となりました。

午後のプログラムもポカポカ陽気の中で作業しやすかった様です。

お世話になっている施設の畑での除草作業もいつもより捗りました。

時間が過ぎてしまうのを忘れてしまうくらいの楽しい会話。

会話をしながらでも作業の手は休めません。

アイスとウサも会話が盛り上がっていました。

集中して作業に取り組むことも大事ですが、楽しみながらの作業の方がペースは捗りますね。

途中で集中力が切れてしまっても、自分だけが手を休めるのではなく仲間ががんばっているから自分もがんばろう!

持続力も自然と付きますね。

老人ホームのデイサービスの作業では落ち葉拾いをしました。

落ち葉の多さに少し戸惑いを見せていましたが、1人ではなく仲間がいるから安心です。

ミント・タカ・プクトは協力して作業を進めていました。

仲間同士で励まし合い、思いやることで団結力も身につきます。

今日もみんなプログラムをやり切りました。

夕食後のフリータイムでは音楽室から楽しそうな音が響いていました。

扉を開けるとリムル・ブライツ ・ハヴィ・ブロリーが素敵な音色を奏でていました。

ウクレレ演奏から始まった新たな音楽との出会いは、今はアコースティックギター・キーボード・ドラムなどの演奏へと変わっています。

様々な楽器でのセッション、作詞、作曲と向上心は止まることを知りません。

同じ趣味を持った仲間との出会いは充実したスクールライフへと繋がっています。

そして今日は嬉しいニュースがあります。

先日、地元の高校を受験したウサが見事、志望校に合格しました。

おめでとうございます!

学習プログラムの時間や早朝や空き時間を使っての勉強など今まで自分が取り組んできたことが最高の結果に結びつきました。

引きこもっていたあの頃、、、

今の自分を想像していなかったことでしょう。

『高校に行きたい!』

そう決心したあの日から全力で取り組んできました。

思う様な結果が出なかった時もありました。

しかし、決して諦めることなくその都度壁を乗り越えてきました。

自分で自分の将来を切り開きました。

春からの新生活は希望に満ち溢れていますね。

ウサ!

本当におめでとう!

スクールに届いた一足早い桜の便り

春が今から待ち遠しいですね。