生活の様子
生徒達の為に

2020.1.20

こんばんは。

セカンドスクール

サポーターの西沢です。

今日は暦の上では『大寒』で1年で最も寒い日です。

朝の冷え込みも厳しくスクール近くの畑には霜柱が降りていました。

先週末も雪が降りやっと冬らしさが到来したと思いきや、暖冬の影響で日中は暖かくなり春の様な陽気に包まれました。

午前中は学習プログラムでした。

毎回、勉強する範囲を自分で決め無理せず自分のペースで進めています。

時間内集中して実施できたか?

決めた範囲を終わらせられたか?

勉強の理解度はどれくらいか?

ただ闇雲に勉強するのではなく、自身で作成した学習計画表に沿って取り組んでいます。

学習支援スタッフの金子先生には主に中学生、特に受験生の学習を重点的に見てもらっています。

わかりやすい説明に生徒達も大満足です。

受験シーズンを迎え、マーシー・ウサ・プクト・タカの試験日も着々と近づいてきています。

受験生の為に『受験お守りストラップ』と『合格祈願カイロ』をいただきました。

金子先生!ありがとうございます。

応援のお気持ちを更にいただき、やる気にも繋がりますね。

また、セカンドスクールでは在籍校へ校外学習の一環としてスクーリングに行くを設けています。

校外イベントの際など手作り弁当を持参しますが、今日は調理スタッフの村上さんが生徒達の為にお手製弁当を作っていただきました。

美味しい愛情たっぷりの弁当を食べて、更なる活力に繋がったことでしょう。

連日、木工作業の時間を多くとっていますが、私も子供達と共に作業に参加しました。

意欲的に取り組む生徒達と接することによって、普段と違う表情を見ることができました。

笑顔で楽しく作業をし、様々なことをどんどん吸収して成長していく生徒達と過ごすかけがえのない時間です。

普段おとなしい生徒も仲間と声を掛け合い協調性を発揮し、私達も生徒達から学ばせられる機会が多々あり、共に成長しています。

生徒達と寄り添いながら作業することで、より多くのことを伝えられる機会になっています。

『共に学び、共に成長』

この精神を忘れず、生徒達と寄り添いながらの活動でより多くのことを身につけてもらえればと思います。