生活の様子

2018.9.2

こんばんは。

セカンドスクールのサポーターの

ニシザワです。

今日は1日、分厚い雲に覆われていました。

幸い雨に打たれることがなかったのでよかったです。

明日から新しい1週間の始まりですが

セカンドスクールの新しい活動も始まります。

明日からは7月の豪雨による被災地の

ボランティア活動にでかけます。

行先は広島県で

片道800km、11時間の長旅ですが

被災地の方々の役に立つことで

たくさんの経験を積んでもらえればと思います。

出発前にボランティアの活動内容や

準備の説明、安全確認について

説明会を開きました。

みんなセカンドスクールの生徒としての

自覚を持って参加していただければと思います。

そして今日は更に嬉しいできごとがありました。

セカンドスクールにおいて187日の課程を修了した

ヨシが卒業しました。

日々の生活の中で

自分に足りなかったもの

自分が変われたこと

両親へのたくさんの感謝の想いを込めた

手紙という形の最高の贈り物を

届けることができました。

コジマ校長からの修了証書の重みは

ヨシにとってずいぶんと重く感じられたのではないでしょうか?

その重みが

自分の足で律した証です。

いつも可愛らしくニコニコとしていて

思いやりの心を持っていたヨシ。

その屈託のない笑顔を振りまく場所は

セカンドスクールから

実家、学校へと移ります。

どんなことに対しても正面からぶつかり

問題をちゃんと自分で受け止めていました。

年上年下関係なく責任感のある行動が

自分だけではなく、周りの行動も変えました。

うまく両親に伝えられなかったことも

これからはちゃんと伝えられますね。

素晴らしい人生がこれから待っています。

時には壁にぶつかってしまうこともあるかもしれません。

しかし、そんな時は充実していたスクールライフを

思い返してみてください。

きっと今まで積み重ねてきた経験が

背中を押してくれます。

卒業おめでとう!

ヨシの輝かしい未来へ、栄光あれ!

そして今日はまだまだ嬉しいニュースがあります。

先日入寮し、無事に入寮プログラムを終えた

ニカが集団生活をスタートさせました。

とてもマジメで優しい生徒さんです。

入寮プログラムを通して真剣に自分と向き合うことができたようで

課題の、1つ1つの意味をよく理解していました。

とても落ち着いた雰囲気の生徒さんなので

みんなにとって

お兄さん的な存在になるのではと思います。

スクールライフを通して

社会復帰への

いいスタートがきることができました。

みんなも

ヨシやニカに

負けないよう

明日も元気にがんばろう!