歩く、桜の道を、誰かと一緒に

2017.4.6

小春日和とは今日のことだ

誰かと桜花咲く川沿いを歩くのなんてのは

いつぶりだろうか

そんな思いを馳せながら

言葉を交わしたり

笑ったり

少し小走りになってみたり

時に言葉を交わさなくても

この桃色に染まった青空を

一緒に歩いている誰かと

共有しているだけでも

春のこの一瞬を尊く思える

思いが巡る

人と人が出会う季節

胸の中に何かが芽生える

そよ風を肌で感じながら

陽射しを目で細め眩しんだり

そんな何気ない日常を

きちんと大切にしていきたいな