軽作業プログラム
仲間と共に

2020.1.24

こんばんは。

セカンドスクール

サポーターの西沢です。

セカンドスクールでは生徒達の為に様々なプログラムを用意しています。

昼食を食べた後はデイサービスでのボランティア活動と軽作業プログラムを実施しました。

軽作業プログラムは校外美化を中心に行いました。

冬場でも定期的に手入れをしないと雑草が生えてしまいます。

マーシーとチビは校舎脇にある芝生の除草作業をしてくれました。

小さな草も1つ1つ丁寧に抜いていきます。

地道な作業でも目標を持つことでやりがいを持って進めることができます。

自分達が除草してキレイになった箇所を見れば一目瞭然。

やって良かったと思うことができるでしょう。

先日合流したマメも仲間と一緒に『希望のトンネル』の床掃除の作業をしました。

木工作業で付いてしまった汚れを丁寧に拭き取ります。

作業中の会話でのコミュニケーションをとりつつも手は休めず、持続性を持って作業することができていました。

これからたくさんのプログラムに参加し、新しい発見があることでしょう。

明日からの週末も日頃と違う動きになるので楽しみですね。

夕食後はリムルと将棋の対局を楽しんでいました。

隣ではマリンとアイスも将棋を差していました。

対局中もアドバイスを求めたり和気藹々と楽しそうです。

リビングにはみんなの笑い声が響いていました。

仲間と過ごす大切な時間を通じて有意義なスクールライフを送ってもらえればと思います。

今日は日頃から受験勉強をがんばっているウサと勉強の合間に話をしました。

スクールに入寮した時は受験のことはそこまで考えていなかったそうです。

しかし、周りの受験生に影響を受けて気持ちが変わり自分が行きたい高校に合格したいと思う様になりました。

目標ができてからは学習に取り組む姿勢も変わりました。

学習プログラムの時間を有効活用し、フリータイムも勉強に費やす様になりました。

全ては目標達成の為です。

また以前と違い、人とたくさん話す様になったと笑顔で話してくれました。

苦手意識を持っていた会話も今は楽しいと感じています。

スクールでの規則正しい食生活でご飯をたくさん食べれる様になり、早く母親の手料理をたくさん食べたいと話していましたが、目標を達成し新しい生活を始めるまでもう少し我慢ですね。

今のがんばりは必ずいい結果に結びつくことでしょう。

1日1日を大切に自分の目標に全力で突き進んでくださいね。