生活の様子
ニューフェイス

2020.1.23

こんばんは。

セカンドスクール

サポーターの西沢です。

1月も下旬となり入試シーズン真っ只中ですね。

先日も希望に満ち溢れる新生活を目指してタカが入学試験を受けました。

出発前には実際の面接官による面接練習をし、最終調整を行いました。

いつも笑顔のタカも面接となれば真剣そのもので凛々しい表情に早変わり。

本番で抑えておくポイント、気を付けなければいけない箇所など入念にチェックしました。

いざ、地元の高校へ向けて出発です。

やる気と自信に満ちた表情のタカ。

きっと全力で挑むことができるでしょう。

今回、遠方での受験ということで学校がある地元へ前日入りしました。

大事な入試に万が一でも遅れることなんて許されません。

どんなトラブルにでも対応できる様にスタッフが『安心・安全』の引率をします。

タカも安心感から余裕を持つことができたでしょう。

入試当日も時間に余裕を持って試験会場に到着しました。

待機場所では適度な緊張感を持つことができ、入試に臨むことができた様です。

今までがんばってきた成果を試す時です。

試験終了後は全力で悔いの残らない様にがんばることができたと満面の笑みで話していました。

一足早い桜が咲くまでもう少し…

一方、セカンドスクールでも嬉しいニュースがありました。

先日入寮し、無事に入寮プログラムを終えたマメが集団生活をスタートさせました。

明るく元気な生徒さんです。

入寮プログラム中も早く新しい仲間と様々なプログラムに参加したいと意気込んでいました。

仲間と一緒の食事は今まで以上に美味しかったことでしょう。

テーブルでは楽しそうな会話が飛び交っていました。

食後はサポーターの岡村さんも混じりみんなでジェンガを楽しみました。

娯楽と会話を通じ、早くも仲間と打ち解けていました。

初めて参加した農作業プログラムも楽しかった様で、みんなに負けじとがんばっていました。

稲刈りの作業では経験のある生徒からコツを教えてもらいながら進めていました。

休憩の時の会話も楽しみの1つですね。

畑にも笑い声が響いていました。

農作業プログラムをはじめ、たくさんの活動に参加したいと意気込んでいました。

これからたくさんの経験を積んで行きますが、焦らず自分のペースで前に進んでいってくださいね。

きっとかけがえのないものが待っていることでしょう。

また木工作業もいよいよ大詰めを迎えています。

今回の一連の作業全てに携わっているココとマーシーはたくさんの経験を積みました。

伊原施設長からの的確なアドバイスで

なぜ工程を踏まないといけないのか?

工程を踏むことでどんな効果があるのか?

様々なことを考えることができ、様々なことを身に付けています。

そして、作業後の新しい作品制作にも意欲を持つことができています。

素晴らしい達成感が得られる作品完成まで、後僅か…