ボランティア活動
ハロウィンごみゼロ大作戦 in 渋谷

2020.10.21

今日も気持ちいい青空が広がっていました。

キレイな秋の空に心も落ち着きますね。

気付けば10月も終盤に入りました。

1日1日が早く感じるのは充実した日々を過ごしているからですね。

 

世間の10月のイベントと言えば31日にあるハロウィンですね。

毎年、恒例となっているイベント。

保護者様からもハロウィンのお菓子の差し入れをいただき、ありがとうございます。

 

 

渋谷などのハロウィンパーティーが有名ですが、毎年大量のゴミが路上に放置されて社会問題となっています。

以前我々も日頃の美化活動の経験を活かし、少しでも役に立ちたいという想いから渋谷のゴミ拾いボランティア活動に参加しました。

 

 

『ハロウィンごみゼロ大作戦 in 渋谷』

支援団体の方から提供していただいたカボチャの袋はよりやる気になったのを今でも覚えています。

マップを使ってのゴミ拾いボランティアはちょっとした冒険の様な感覚でした。

いざ渋谷の街へ繰り出すと、すぐに路肩にゴミが落ちていました。

昼間ということで人通りも多かったですが、安全にも配慮し、作業をしました。

 

 

大通り、路地裏関係なく空き缶やペットボトルなどの大きなゴミからたばこの吸い殻などの小さなゴミまで生徒達が歩いた後には1つのゴミも残さない!

そんな決意をし、活動しました。

また、住宅街のゴミ拾いでは住民の方から、

「ありがとう」

通り過ぎる人からも

「お疲れさま」

温かいお言葉をいただきました。

場所が変わっても人のあたたかさに変わりはありません。

当初は支援団体の運営の関係でお昼までの活動だったのですが、子供達のもっとキレイにしたい!という想いから夕暮れまで作業をさせていただきました。

 

 

活動終了後の達成感ある素敵な笑顔は今でも忘れません。

地域住民の方々の為に行えるボランティア活動は生徒達の楽しみの1つになっています。

『ボランティア活動をさせていただいている』

この精神は今も引き継いでいます。

 

 

ボランティア活動を通じて学んだことは必ずこれからの将来役に立つ時がきますね!

今年は新型コロナウイルスの関係でハロウィンパーティーは中止とのことですが、来年・再来年こそは、ぜひボランティア活動をさせていただきたいと思います。

 

今日の午前中は学習プログラムを実施しました。

学習時間前に自分自身で決める目標。

目標達成率もよく、子供達のやる気に繋がっています。

無理のないペースで進めていることも達成の要因の1つですね。

 

 

先日合流したミツノリも早速学習に取り掛かっていました。

まずはできることから取り掛かる心掛け。

仲間と一緒の勉強はいつ以来だったのでしょう?

ブランクを感じさせることなく集中して取り組むことができていました。

 

 

トムヤも学習支援スタッフの先生に教わりながら勉強を進めていました。

とてもわかりやすく丁寧に教えていただけるので自然と学習意欲も湧いてきますね。

 

 

イエローは復習をメインに学習を進めていました。

間違えてしまった問題も改めてやり直し、どうして間違えてしまったのかを確認することでケアレスミスも少なくなります。

わかっている箇所ももう一度解き直すことで着実に身につけています。

学業復帰した時、今のがんばりを役立たせられる様に、自分のペースで前に進んでいきましょう。

学校の授業の大切さにも気付くことができることと思います。

 

 

ルカの食事を用意しようと犬小屋に向かうと最近は寒くなり小屋の中で暖をとっていました。

みんなが愛情込めて作ってくれた小屋の中は暖かく心地いい様です。

食事の準備ができルカのもとに持っていくとお座りしていました。

ルカも子供達の様に行儀がいいんです。

もちろん食事も残しません。

最後の1粒までキレイに食べてくれます。

ご飯を用意してよかったと想うことができますね。

子供達の行儀の良さをルカも身につけています。

 

【本日のトピックス】

セカンドスクールでは毎朝起床後から朝食までの時間を使ってペン習字を行なっています。

子供達の寝起きはとてもいいですが、まだぼんやりと眠気が残っている時もあります。

ペン習字の文字を書くことで集中し、自然と頭は冴え、眠気はどこかにいってしまいます。

 

 

先日合流したミツノリも仲間と共に朝の活動に励んでいます。

今までペン習字をする習慣はなかった様ですが、これからは日課になりますね。

継続することで元々キレイな文字ももっとキレイになることと思います。

文字がキレイになって得することはあっても損をすることはありません。

継続は力なり!

たくさんの経験を積んでいきましょうね。