運動プログラム
室内運動の取り組み

2020.4.23

日々のプログラムで生徒達が楽しみにしている1つに運動プログラムがあります。

引きこもっていた頃は自主的に体を動かしていたことは少なかったことでしょう。

しかし、今は定期的に身体を動かし、体力が徐々についてきています。

 

 

運動プログラムの中で特に有意義と感じる時間があります。

元プロバスケットボールプレイヤーで今はジムのトレーナを務めている土嶺さんの運動です。

本格的なトレーニングで少しきついと感じることがあってもやりがいと達成感を味わうことができます。

 

 

先日も土嶺さんに来校していただき、室内運動で基礎トレーニングを実施しました。

筋力トレーニングや体幹トレーニング、ストレッチなどの運動で身体を動かしました。

もちろん運動が得意な生徒もいれば苦手意識を持っている生徒もいます。

得意な生徒はトレーニングで更なる筋力・体力向上を目標としています。

 

 

苦手意識のある生徒はやりたくないではなく、どうすれば運動が楽しくなるか?を考えながら運動する様に心掛けています。

規定数・規定時間をクリアした達成感。

目標を達成したことから得る充実感。

引きこもりの期間が長く体力が足りていない生徒や体力に自信のない生徒もいますが生徒個々にあった運動メニューを取り入れ、それぞれ目標は違えども、時間がかかってもしっかりやり遂げることを目標にがんばっています。

 

 

トレーニング後のストレッチも欠かしません。

ストレッチには柔軟性を高めるだけでなく、身体をリラックスさせ疲れをとったり、体調を整える効果もあります。

使った筋肉を伸ばすことでコリの解消やケガの防止にも繋がりますね。

 

 

ブロリーとトライもストレッチをする前とした後の違いを実感できたと話していました。

取り組んだことが良い結果となり戻ってくることで更なるやる気に繋がることでしょう。

土嶺さん!

生徒達の為にトレーニングしていただき本当にありがとうございました!

生徒達もとても喜んでいました。

 

【本日のクローズアップ】

セカンドスクールにはウクレレを始めとした音楽が大好きな生徒がたくさんいます。

プクトもその1人です。

 

ウクレレ演奏会の時などは率先してルームメイトをまとめてくれています。

優しい性格もあり、わからないところがある生徒にも丁寧に教えてくれています。

自分1人だけ弾ければ良いというわけではなく、みんなで楽しく演奏したい!という思いやりを持って接しています。

 

 

家ではドラムを叩いている時が楽しかった、、、

でも今はドラムはもちろん、スクールにきて初めて触ったウクレレをみんなと演奏している時が1番楽しい!と嬉しそうに話していました。

自分が弾いてみたい曲や少し難しい曲でも弾けた時の達成感は最高な様です。

 

 

スクールにきたことで自らの成長に自信を持つことができている様です。

あのまま引きこもっていたら将来のことなど考えられなかった。

しかし、スクールでの活動の中で音楽と真剣に向き合い、大好きな音楽を続けたい!

自分が本気でやりたいことと出会い、高校には行きたくないという想いはいつしか行きたい!に変わりました。

受験勉強にも真剣に取り組み、音楽関係の志望校に無事合格しました。

本当におめでとう!

今は新しい生活が楽しみでしょうがないと笑顔で話しています。

高校も新型コロナウイルスの影響で入学・授業が延期となっていますが、安心して通学ができる日まで今という時間を大切にスタッフ一同、心より応援しています。

これからも思いやりの心を忘れず、持ち前の優しさと正義感を持って明るい将来へ突き進んでいきましょう!