ボランティア活動
県外遠征

2020.3.7

こんばんは。

セカンドスクール

サポーターの西沢です。

今日の午後は先方から緊急の依頼があり県外遠征し、ボランティア活動をしてきました。

自分達がやらなくては!

困っている人を決して見過ごさない精神は在校生が変わっても受け継がれています。

日頃から生徒達は様々なボランティア活動に意欲的な姿勢を見せています。

レモ・マーシー・チビ・リムル ・マメ・プクト・ブロリー・ハヴィ・ウサ・ミント・ココ・アイス・ブライツ・ゴマにとって今回も貴重な経験となりました。

関係者の方の説明をしっかりと聞き、安全第一で作業に取り掛かりました。

生徒みんなが同じ意識を持ち、声の掛け合いをする事でケガの防止にも繋がっています。

早速作業に取り掛かりました。

ボランティア活動では特に協調性が発揮されます。

仲間同士協力して進めていきました。

生徒達はいつもより気合が入っていました。

大好きな児島校長と共に作業できたことが何よりも嬉しかった様です。

児島校長の男らしい立派な背中に勇気付けられ、生徒達は更にやる気になっていました。

児島校長との作業はどんどん捗ります。

リムルは音楽の話ができたことがとても嬉しかった様です。

児島校長との会話も掛け替えのない楽しみですね。

みんなのペースもどんどん上がり、順調に作業を進めることができました。

特にマメは人が変わった様に率先して作業していました。

ボランティア活動にやりがいを見出している様です。

休憩の際にいただいた差し入れも生徒達の活力になりました。

あたたかいお心遣いありがとうございます。

生徒達は毎回ボランティア活動を通じて様々な事を学んでいます。

自分達の活動は自分達の成長に繋がります。

今回もケガなく無事に作業を終えることができました。

ボランティア活動をさせていただき、本当にありがとうございました。

一方、スクールではポパイ・ブウ・ラム・シロ・トライ・ミッキー・タカ・プチ・レヴォ・ポムがお世話になっている施設のイベントに向けてペットボトルアートを作成しました。

回を重ねるごとに出来はどんどん上達します。

今日もキレイなたくさんの華が出来上がりました。

どんなことでもみんなと共に取り組む活動は素敵ですね。

1つの1つの経験を積み重ねて、自信に繋げていきましょう。