樹木希林さんが遺した言葉

2018.9.25

こんにちは、セカンドスクール事務局です。

先日、女優の樹木希林さんが他界され、

大きなニュースとして報じられました。

 

晩年まで映画やCMに出続け、コミカルな演技から

シリアスな役まで幅広くこなし

慕われていた樹木希林さん。

 

その樹木希林さんが学校に行けずに悩んでいたり、

自ら命を絶つことまで考え、

思い詰めてしまった子供たちに向け、

あるメッセージを遺しました。

 

訃報に伴い、改めてこのメッセージが取り上げられることも多く

『元気づけられた』『勇気を持てた』など

多くの共感を呼んでいます。

 

今回、全てのメッセージを載せることは

著作権などもあるためできませんが、

一部分のみを引用し、ご紹介させていただきました。

 

この言葉によって悩んでいる多くの子供たちが救われ、

元気づけられることを望んでいます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<「おはよう、今日から学校だね」って

笑顔で言葉を交わすとき、「私は学校に行きたくない」ということを

考える気持ち、何となくわかります。

 

学校に行かない日もあったけど、父は決まって

「行かなくてもいいよ、それよりこっちにおいで、こっちにおいで」って

言ってくれたの。

 

自分が存在することで、他人や世の中をちょっと

ウキウキさせることができるものと出会える。

そういう機会って絶対訪れます。

 

私も全身にガンを患ったけれど、大丈夫。

私みたいに歳をとれば、ガンとか脳卒中とか、

死ぬ理由はいっぱいあるから。

無理して、いま死ななくていいじゃない。>

<2015年8月 山口県で行われた樹木希林さん基調講演より>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

最後となりますが、

樹木希林さんご冥福を心よりお祈り申し上げ

今回のコラムとさせていただきます。