生活の様子

2018.4.19

こんばんは。

セカンドスクールのサポーターの

ニシザワです。

今日は昨日までの天気とうって変わって

気持ちのいい青空が広がっていました。

初夏を思わせるような暑さと

窓を開けると部屋に入り込んでくる心地よい風が

とても気持ちよかったです。

そんなのどかな午後のひと時

コジマ校長が可愛い生徒たちへと

お手製の特製カレーを作ってくださいました。

新校舎になり早4カ月。

旧校舎では恒例の人気イベントだった特製カレー。

あの絶品カレーの味を知らない新しい生徒さん達も増え

今回は久しぶりになりましたが、

生徒さん達の喜ぶ顔が食べる前から目に浮かびます。

 

 

 

 

 

 

 

 

みじん切りにしたタマネギ。

あめ色になるまで丁寧に炒めていきます。

焦げ付かないように長い時間をかけて

甘みを引き出していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

じっくり炒めれば炒めるほど

一層うま味が増していきます。

2時間ほどの炒めでじゅうぶんですが、

コジマ校長のカレーは更にその先へ…

3時間以上かけて炒めていきます。

生徒さん達と重なるところがありますね。

寄り添う時間が長ければ長いほど

カレーのうま味の様に

生徒さん達のよいところをたくさん引き出すことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

カレーフレークを投入する頃には

野菜やお肉は溶けてトロトロになっていました。

実は先に入れた具材は本当の具ではないんです。

カレーのベースを作るための具材。

 

 

 

 

 

 

 

 

たっぷりと時間をかけてきたカレーに

ゴロゴロチキンを投入!

 

 

 

 

 

 

 

 

うま味が凝縮されたルーを

底が焦げ付かないように

またじっくりと木べらで混ぜていきます。

あめ色のタマネギから完成するまで

常に特別なスパイスを入れていました。

それは…

 

 

 

 

 

 

 

 

『愛情』

これこそがカレーにとって最高のスパイスであることは

間違いありません。

コジマ校長が生徒さん達のためにと

キッチンに立ってカレーを作ったあの日から

約1年。

常に生徒さん達へたくさんの愛情を

注いできました。

私もコジマ校長と共に愛情を注いできましたが

日頃の積み重ねやとことん向き合うことで見えてくる

生徒さん達が成長する姿は

我々にとってかけがえのない最高のプレゼントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今までもこれからも特別なスパイスを

生徒さん達へと届られればと思います。

そして今日はもう一つ素敵なニュースがあります。

ここ数日の間入寮プログラムに真剣に取り組み

改めて自分と向き合うことができた

中学生のグンが

無事入寮プログラムを終え

仲間と合流しました。

 

 

 

 

 

 

 

自己紹介もハキハキと堂々としていました。

元気の良さグングンと伝わってきました。

入寮プログラム中は

仲間と合流することが

待ち遠しかったみたい。

今日から集団生活が始まるけれど

仲間やサポーターと共に成長していこうね!

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなもグンに負けないよう

明日も元気にがんばろう!