素敵な栗との出会いで

2017.9.7

この栗の写真。

「美しい!」と思いませんか?

セカンドスクールでは、森田療法を取り入れております。

雨の日以外は、提携させて頂いている農家へ赴き、太陽の光を浴びながらお手伝いをしています。

ここ最近は栗林で栗拾いをしています。木から落ちた数百個ある栗を、生徒全員で中身の栗を足で割いて拾い上げます。

その中で時々、上の写真のような美しく素敵な栗に出会います。

一見、単調な作業の中にも、心が躍る瞬間があるものです。

心に明るい光が僅かでも灯ることが多くなると

最初は、なかなかできなかった「1人だと少し重いものを、二人で共有しよう」という気持ちに、お互いになり。

皆の使用した何十枚にものぼる食器類なども

黙々と洗い、拭き上げまで行えるように成長の変化がおこります。

一歩進んで二歩下がることは時々ありますが

その一歩に着目して、その一歩を着実に重ねていきたいと思います。

明日も良い日になりますように!