イベント
座禅会

2019.12.28

こんばんは。
セカンドスクールのサポーターの
ニシザワです。
今日は昨日までの風はおさまりつつもまだ普段より風が吹いて体感温度は低く感じましたが、澄んだ青い空を見ればリフレッシュすることができました。

今日は12月のイベントとして生徒達から大変好評な座禅会に参加し、心も身体もリフレッシュしてきました。

回を重ねるごとにその時その時に応じて考えることは変わり自分との会話を通して自身の成長に繋げてきました。

今年最後の座禅会で1年間のできごとを振り返り、新たな気持ちで新年を迎えられる準備をしましょうね。

年末で渋滞が予想されたのでいつもより時間に余裕を持って早く出発し、無事到着しました。

ミッキーにとっては初めての座禅会でした。

集団生活では入寮プログラム以来、静かな空間で自分との対話する機会はなかなかありません。

合流してから感じたこと、取り組みたいことを改めて見つめ直すことができますね。

1時間という限られた時間ではありましたがミッキーをはじめ、リムル・アイス・マーシー・チビ・ラムにとって今年の振り返り、来年の目標などについてじっくりと考えることができた様です。

目を閉じればたくさんのことが頭をよぎります。

その1つ1つと向き合い自らの成長に繋げてもらえればと思います。

夕飯前のフリータイムではハヴィが相棒のウクレレをしまう為のカバーを造っていました。

完全手作りのカバーケースを丁寧に縫っていきます。

縫い目を細かくし耐久性も上げたいと話していました。

普段裁縫をする機会はあまりないかもしれませんが自分が興味を持って取り組んだことは、将来必ず役に立つ時が来ることでしょう。

夕飯は生徒達から好評のおでんにしました。

大根やじゃがいもに味が染み込む様に本格的に前日の夜のうちから仕込み、そこに調理スタッフのムラカミさんお手製の餅米を具にした新種が加わった『絶品セカスクおでん』にみんな舌鼓を打ちました。

鍋を囲んでおいしい料理を味わいながら会話も弾み心も身体もポカポカし、いつも以上の団欒を楽しむことができました。

そして嬉しいニュースがあります。

先日お世話になっている施設より分けていただいた苗が育ち真っ赤な苺が実りました。

育てる喜びと実りの喜びに触れることができ、ポパイもとても嬉しそうでした。

毎日の愛情を注ぎ込んだ苺はさぞかし美味しいことでしょう。

生徒たちも一緒で、たくさんの愛情を受け少しずつ自分で成長しています。

数々の経験を積んでスクールを卒業する時は自分の心の樹にはたくさんの実がついていることでしょう。

 

今年も残すところ後わずか

ぐっすり休んで

明日も元気にがんばろう!