生活の様子
新たな門出

2019.11.25

こんばんは。

セカンドスクールのサポーターの

ニシザワです。

今日の日中は暖かい陽射しが気持ちよかったですが、夕方からは雨が降り出したりと落ち着かない天気でした。

スクールライフの中で愛情たっぷりの食事は生徒達の楽しみの1つです。

毎食バランスよく健康面にも配慮した献立が食卓に並びます。

今日はいつもの食卓にプラスの要素を加えて鍋料理を楽しみました。

冬の風物詩である『鍋料理』は生徒達の大好物です。各テーブルにコンロを置いておでんを堪能しました。

先日、合流したマリン・アイス・ブライツはもちろんスクールでの鍋料理を初めて食べる生徒はたくさんいました。

グツグツと煮えた鍋の蓋を外すと美味しそうな香りが辺りに充満し、鍋の湯気とみんなの熱気でリビングは一気に暖かくなりました。

熱々のおでんをみんなで食べて心も身体もポカポカします。

1つの鍋をみんなで囲む楽しさを満喫し、みんな大満足です。

お兄さん達と囲む鍋にトライも笑顔で嬉しそうでした。

会話もいつも以上に盛り上がり、いつも以上に賑やかな食事風景は見ていて微笑ましかったです。

いつもと一味違った食事はみんなのやる気に繋がりますね。

ハヴィは同じテーブルのみんなに取り分けていました。

思いやりの心が育まれますね。

あの頃の家族で囲んだ鍋料理を思い出し、卒業したら家族でまた鍋を囲みたいと思った生徒もたくさんいました。

卒業後に家族と楽しみたいと思えることをたくさん作ることで、円満な家族関係を気づくことができるでしょう。

次に顔を合わせた時に、また一回りも二回りも成長した姿を見せられる様に毎日がんばっています。

家族と会う日が今から楽しみですね。

そして今日は嬉しいニュースがあります。

セカンドスクールの課程を修了したパルが卒業しました。

あの頃は家族と正面から向き合うことができず、想いをうまく伝えることができませんでした。

しかし、自立を意識した寮生活でたくさんの経験を積み、社会復帰に向け一生懸命がんばってきました。

1日1日をがんばれたのも離れていてもいつも応援してくれている家族がいたからです。

新たなスタートをきることができた感謝の想いを手紙に込めて伝えました。

プログラムを通じて身につけた忍耐力・持続力・協調性などはこれからの人生の中で必ず役に立つ時がくるでしょう。

数々の職業訓練で経験を積み、希望の職業に就くことができました。

それはどんな時でも諦めずに必ず社会復帰すると心に誓ってきたからです。

もし目の前に壁が立ち塞がってしまったら卒業証書を見て充実していたスクールライフを思い返してみてください。迷わず壁を乗り越えることができるでしょう。

今日からまた社会人としての新たな門出を迎えました。

以前の様に立ち止まってしまうことなく、希望に満ちた未来へ続く道を進んで行ってください。

社会復帰後の目標はたくさんあると思いますが、焦らず自分のペースで1つずつ達成していってもらえればと思います。

卒業式も終わり新居に着いたのは夜遅くでしたが、部屋に運び込んだ目の前の荷物を前に『今日から独り立ち』と新たに気持ちも引き締まり表情も凛々しかったです。

伊原施設長をはじめスタッフ一同パルの活躍を心より応援しています。

みんなもパルに負けないように

 

ぐっすり休んで

明日も元気にがんばろう!